朝起きられないのは、怠けているのではありません。

脳循環・神経調節の機能不全が原因です。

最新の検査による正しい診断と、的確な治療が必要です。

∞・・・・・・・・・・・・・・・・・・・∞


自転車利用時の注意点や、サイクリングの効果について 2021.1.19

 

最近、当グループのtwitterにもアップしましたが、寒い日の自転車通学は危険です。
全国的に寒い日が続き、大阪でも今朝は道路が凍結していました。
とても滑りやすく、自転車通学の高校生が転倒し顔を怪我していました。
所々に凍結していると、気付きにくく危険です。
今回さらに、自転車利用時の注意点や、サイクリングの効果について、アップしました。
-----------------------------
ODの人も、自転車を運転する機会が多いと思います。その際には以下の点に注意をしましょう。
高校生では通学時に自転車を利用する人が多いと思います。
一般の人が自転車に乗る場合、通常の事故に出会う危険性があり注意が必要ですが、それに加えて、ODの人では、以下の点に注意をしましょう。
1)登校時に自転車を利用する場合、遅刻しそうになると、必死にペダルを漕いでしまいます。自転車は楽なので早くペダルをこぐと急激な筋運動のために一時的に血圧が急激に低下する危険があります。さらに予想以上に心拍数が高くなって動悸が激しくなり、しんどくなることがあります。急がないように、余裕をもって出発しましょう。
2)交差点の赤信号で待つ場合、自転車から降りずに立ったままでいると、下半身に血液が移動して血圧が低下する可能性があります。それで失神する危険性があります。信号待ちなどでは、自転車から一旦降りて、足クロスや足踏み動作を行って、下半身への血液移動を少なくしましょう。
3)これまでに自転車事故のケースがあります。サイクリングの最中の出来事です。上り坂の後に、長い下り坂があり自転車をこぐのを止めていました。急に意識が無くなり、転倒し、気が付いた時は、病院の救急室だったようです。中には、頭部打撲で軽度の脳出血を起こしたケースもありました。
サイクリングでは汗をかき、脱水症になりがちになり、血圧も下がります。さらに、足でペダルをこがない下り坂では、足の筋肉に血液が移動して、さらに血圧低下し、脳血流が低下して、意識を失う危険性が高くなります。この事故は、冬の寒い日に起こっているので、季節に関係なく、サイクリングは注意してください。
4)過去の国内外の研究をレビューしてみても、サイクリングが他の運動種目(ランニング、ウオーキングなど)に比べて、ODへの治療効果が高い、という報告は、現時点で見当たりません。家で寝そべって運動しないよりは、自転車で外出する方がまだましですが、ウオーキングよりも自転車が効果があるというエビデンスはありません。当グループに受診している患者さんの中で、サイクリングでODの検査データが改善したというケースを経験していません。
以上から、『ODの治療方法としてのサイクリング』は積極的には勧められません。サイクリングの効果がないわけではありませんが、サイクリングをする際には、上記の注意点をしっかり守ってください。
失神による事故の発生を考えると、サイクリングより、ウオーキングの方がはるかに安全でしょう。
当グループでは、毎日のウオーキングの方がODへの治療効果がはるかに高いと、考えています。なぜなら、毎日の朝と夕方に約30分のウオーキング(1kmを10分の速足)を約2年以上続けて、フルドーズの薬物療法を完全に中止でき、朝もすっきり起床できるようになり、検査データも正常化した成人例を経験しています。ウオーキングを継続している間、再発もありません。

通学や、ちょっとした外出では、できるだけウオーキングをするように心がけてください。
ただし、無理をしないで、5分~10分から始めてくださいね。

-------------------------------------


起立性調節障害には、おもにこれらの症状がみられます。

ODを正しく理解し、改善に向けて、このHPがお役に立てば幸いです。